ストーカー対策、浮気調査 横浜でのご依頼は、ナイス探偵横浜にお任せ下さい。 

神奈川県公安委員会届出済  第45110061号 

ストーカー対策

ナイス探偵事務所のストーカー対策

近年、全国的に社会問題となっているストーカーによる被害が、深刻になってきています。

私たちナイス探偵事務所では、積極的にこの問題に取り組み、「世の中からストーカーをなくそう!」をスローガンにし、日々の探偵業を営んでおります。

ご依頼者様にとって、ストーカー被害の駆け込み寺となり、問題を解決し、安全で不安のない生活を取り戻して頂きたいと考えております。

張り込み、尾行等の調査手法

一日でも早い解決を心より、お祈り申し上げます。

是非、我々ナイス探偵事務所にご依頼ください、とは決して言いませんが、まずは一人で悩むことをやめてみませんか?


ストーカー規制法について

『平成12年5月18日、第147回通常国会において
「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」として成立し
11月24日から施行された法律です。
この法律はストーカー行為等を処罰するなど必要な規制と、被害者に対する援助等を定めており
被害者をストーカー行為の被害から守るためのものです。』



被害者の申出に応じて、「つきまとい等」を繰り返している相手方に警察署長等から
「ストーカー行為をやめなさい」と警告することができます。 さらに、警告に従わないで相手方がつきまとい等をした場合は、東京都公安委員会が 「その行為はやめなさい」と禁止命令を行うことができます。 禁止命令に違反して「ストーカー行為」をすると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が
科されます。 また、被害者が「ストーカー行為」の被害にあっている場合は、警告の申し出以外に、 告訴して処罰を求めることができます(告訴しなければ検挙することはできません)。 この罰則は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。 これらの他にも警察は、被害者からの申出により、ストーカー被害を防止するための教示や 防犯ブザーの貸出しも行っているようです。 しかし、ストーカー行為の証拠が無かったり、相手がわからない場合に警察は具体的に動きようが
ありません。その証拠集めや人物の特定を、我々ナイス探偵事務所がお手伝いいたします。
 

無料メール相談24時間OK


大切なこと

ストーカー規正法ができたにもかかわらず、ストーカー被害に苦しんでいる方々が、たくさんいるのが現状です。これは、被害をうけた方の精神的な苦痛にくらべ、ストーカー行為を行った者への罰則が緩いというのも、ひとつの原因かと思われます。そして、気をつけなければいけないのは、ストーキングがエスカレートしたり、ストーカーが調査終了後や処罰等された後に、逆上して、悲しい事件や、とんでもない犯罪をおかしてしまう危険性がある、ということです。

どうか、証拠収集や人物の特定で調査を終了してしまう探偵社への依頼だけは避けてください。

当社では、調査終了後も、ご依頼者様の心のケアやアフターフォローはもちろんのこと、ストーカーに対しても、二次犯罪を起こさせないよう、最善の努力と対応をしていきます。

調査終了後も、ご依頼者様の力になりますので、ご遠慮なくどんどん無料相談をご利用ください。

 

本当の意味での問題解決、明るい未来を~。

本当の意味での問題解決、明るい未来を~。


ご相談お問い合わせはこちらまで

 

045-550-3279

ストーカー対策、浮気調査 横浜でのご依頼は

ナイス探偵事務所にお任せ下さい。


当社の調査エリアは、神奈川県、横浜市を中心に、東京都、千葉県、埼玉県など、関東エリアがメインとなっておりますが、その他の地域の方もご相談に乗りますので、どうぞお気軽にお申し付けください。